これから医療保険を選びたい

「どこの医療保険も同じだろう」の怖さ!
知っておかないと、受け取る金額に大きな差が出るお話です。

保険会社により異なる入院枠の考え方

最近の医療保険の1入院制限枠(有期型)には、2種類のタイプがございます。

 ~高齢時に想定される例より~
例)1入院60日型 入院給付金日額1万円の場合
 脳卒中で60日間入院し、2ヶ月後に肝炎で60日間入院の場合

A社は60万円給付 B社は120万円給付  差額は、なんと!60万円

あとで後悔しないように!

なぜこんなことになってしまうのでしょうか??
上記の図のとおり、 A社は、関係のない病気であっても一つの病気とみなします。
B社は、関係のない病気なら新たな病気として給付額を受け取れます。

パッと見立ては同じ保障であっても、これが1入院1万円プランなら、 これだけで60万円の差額が発生します。
しかも保険料は、A社の方が高い傾向にあります。

このことから、保険料が高い=いい保障とは限りません。

※ 誰にでもわかる保険料が高くなる理由。「テレビCM編」で別途ご紹介

保険について問い合わせる


保険を見直したい入院・手術をした相談したいその他

カテゴリー

PAGE TOP